イーディ アンディ タイトル

1964 edie sedgwick | → 1964 andy warhol

ニューヨークへ

すでにケンブリッジ市は彼女にとって小さい町となっていた。そしてニューヨークへ行く。(チャック・ウェインの提案もあったと言われている)

ニューヨーク東60丁目に引っ越した彼女は毎夜のパーティ生活に拍車がかかる。愛車メルセデス・ベンツは運転手(とは言え友人なのだが)が事故で大破させ、もっぱら移動はリムジン送迎となっていた。(イーディ自身、度々事故を起こしていた。それでもパーティには出席しギプス姿で来ることもあったとゆう)

社交界でも注目の的となり彼女に言い寄る男は数知れなかったとゆう。しかし同時に、麻薬に手を出すことも多くなっていった。時代背景もあるだろうが、なにより次兄ミンティの死が大きかったと言われている。

雑誌のインタビュー等でイーディが兄について語る時「兄弟」ではなく「男性」として見た視点があるように感じられる。それが倒錯したものか客観的なものなのかはわからないが、彼女にとって肉親がプラスにもマイナスにも大きく影響しているのは確かなようだ。

edie sedgwick archives
andy warhol archives