イーディ アンディ タイトル

1970 edie sedgwick | → 1970 andy warhol

「チャオ!マンハッタン」撮影再開

1966年〜1967年の撮影以来いまだ未完成だった「チャオ!マンハッタン」が撮影再開される。
最初の企画は、60年代アンダーグラウンドの実像をイーディを通して映像化するとゆうものだったが、再撮にあたり彼女自身の60年代を回想するとゆうストリーに変更された。

ストーリー
ひょんなことから、とある金持ちの家に雇われた青年。青年は水のないプールに住む女の子の面倒をみるように頼まれる。彼女は昔ニューヨークでスターだったと明かす。そう、その女の子がイーディだ。そして彼女が最も輝いていた60年代が回想される。。。。

60年代半ばの、あのキュートなイーディはそこにはいない。ほとんど別人だ。象徴的なものに彼女は撮影にあたり豊胸手術をしている。昔の自分への決別か、ただのきまぐれか。インタビューもろれつが回っていない。

前回と違い、今回は順調に撮影は進んだ。しかしいよいよ最後の撮影が近づくと彼女はわざとNGを出すようになってきたという。アンディをはじめ様々な人達に見捨てられたと感じていた彼女は、今回も用が済んだらそうなるかもしれないことが怖かったのか。
そんな中、出演者の一人とマリブへ旅立つ。まだ医者の定期治療を必要としていたイーディは、撮影中も看護婦らが常に付き添っていた。その目を盗んで姿をくらました彼女だが、旅先で麻薬に手を出し体調を崩した。
このとき彼女を迎えにいったのが、翌年、夫となるマイケル・ポスト。マイケルはイーディと同じ病院の患者で彼女の主治医に頼まれ連れ戻した。

edie sedgwick archives
andy warhol archives